釣果報告 2009.3.16 タイ/バラマンディ釣り堀

text by 加藤 邦央

ついに憧れのバラマンディーを釣る機会が訪れた。今回は最近よく耳にするタイでの養殖池で行う、通称・バラ掘りの釣りである。なんでもバラ掘りは郊外に無数にあり、その特性上(出荷が前提の魚のため)新鮮な情報が大切らしく、ONEBITE★ONEFISHにお願いすることにしたのである。

今回の釣行期間は2日間。友人の高槻氏とともに胸躍らせ案内してもらった池は四角く掘られた養殖池ではあるが、周囲にココナッツの木が生えていたりと何とも良い雰囲気なのである。バラマンディーはトップで狙うのが面白いと教わるが、普段バスをやる私はビックリ!例えるならそのスケールはGTフィッシングのようであった。朝一の雨の影響か(バラは水のphが大切)、残念ながら出はしなかったが異国の釣りに心が弾む。ガイドお勧めのルアーに変えたとたん、遂にバラマンディーは反応した。ガツンと手に伝わるバイト、いきなりの派手なエラ洗い、水面から姿を現した魚は明らかにデカイ!ここからがまたスリリングで水深が浅いおかげで連続ジャンプ!最後までハラハラしたファイトの末、ついに憧れのバラマンディーを釣り上げたのだ。
316barra
いきなりの4キロ越え!バラ掘りとはいえ、初バラは奇麗に光る銀鱗のカッコイイ魚体であった。
その後は友人ともに順調で、この日は互いに2ケタ最大6キロ越えの好釣果を得ることができた。

翌2日目は別場所でサイズアップ狙い。この日も順調に4キロクラスからスタートし、なんと隣接する池では3キロクラスの入れ食いを堪能。もう気分は最高潮である。
316barra2
316barra3
316barra4

そして最後きちゃいました。80センチ近い6キロオーバー!
316barra5
そして終始笑いの絶えない最高な釣旅になったのである。
最後に、これもお世話になったガイドさんのおかげであり、新鮮な情報があってこそだと思います。
また、打ち合わせの段階からとても丁寧に対応していただいたことで、今旅をより楽しく安心感を持って過ごすことができました。
どうも有難うございました。今後も宜しくお願いいたします。